• ホーム
  • 最近の外壁のトレンドは?種類や役割について解説します

最近の外壁のトレンドは?種類や役割について解説します

家の外壁は、その家に住む人の個性を表現してくれる重要な要素です。素敵な外観の家を建てたいのなら、外壁のトレンドについて詳しく知っておきましょう。

近年人気を集めている代表的な外壁材として、サイディングとモルタル、そしてタイルなどが挙げられます。サイディングは、パネル状にしたサイディングボードを貼りつけて外壁を仕上げるという工法です。モルタルはセメントに砂と水を練り混ぜた外壁材であり、これを職人が均一に塗って外装を仕上げます。

今最も人気とされているのは、窯業系サイディングです。バリエーションが豊富であり、コストパフォーマンスにも優れていることから、多くの人に選ばれています。様々な色や柄の中からイメージに合うものを選ぶことができるため、理想的な仕上がりを実現することができるのです。サイディングは家に個性ある外観を与え、優れた防火性によって火災から守るという役割を持っています。また工期が比較的短く、費用も抑えやすいのが魅力です。

様々な魅力を持つ窯業系サイディングですが、ボード自体に防水性がないため、表面の塗膜が剥がれると水を吸ってしまう、というデメリット点もあります。またボードの隙間を埋めるシーリングの劣化によっても、ひび割れなどのトラブルが起きやすい傾向です。このため塗膜とシーリングのメンテナンスを定期的に行っていくことが大切となります。

モルタルは職人による手仕事となるため、味わいのある仕上がりを実現できるのが魅力です。技術ある職人に依頼をすれば、独自性のあるデザインに仕上げてもらうことも可能でしょう。タイルや石といった外壁材とも相性が良いため、コーディネート次第でデザインの幅が大きく広がります。

モルタルはサイディングと比較すると、工期が長めになる傾向があります。このため人件費が増加しやすく、施工内容によっては工費が高くなることもあるでしょう。乾燥によってひび割れが生じると、そこから水が入り込み劣化が進みやすくなってしまいます。定期的にメンテナンスを行い、ひび割れを補修していく必要があるでしょう。

タイルの外壁も、その美しさとデザイン性から人気を集めています。経年劣化による影響を受けにくいため、メンテナンス性が良いのもタイルの魅力です。ただしサイディングやモルタルよりも、やや値段が高めとなっています。その他にもレンガやセラミック、ALCなど、外壁材の種類は様々です。デザイン性の良さやメンテナンスのしやすさなど、様々な点から比較をして最適な外壁材を選びましょう。